読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通夜で同窓会

昨日、高校の同級生Nからメールが1通来た

同じく高校の同級生Tのお母さんが亡くなったという知らせだった

通夜は11/9の18時からという内容だ

 

同じ市内に住んでいるということもあったので

私は迷わず通夜に向かった

ちょっと遅れての到着ではあったが

ちょうど同級生Nも私の数秒後に到着した

 

私は彼女が車から降りるのを待ち

一緒に受付へ向かった

 

参列者も少なく寂しい通夜で

並ぶことなくすぐにお焼香となった

そしてお清めの席へ

同級生Nいわく、今回の件を知らせたのは

私ともうひとりの同級生Iくんだけだという

そして同級生Iくんも通夜が終わる頃に到着し

私たち3人はお清めの席でプチ同窓会状態になった

 

間もなく母を亡くした同級生Tも加わり

4人で寿司や天ぷらをつまんだ

 

このメンツで気後れすることはないと思っていたが

4人で話していて気づいたのだ

彼ら3人は、私との関係よりも強くて深い友人関係を築いていたのだ

私はなんとなく浮いた感覚に襲われた

 

私の人生って、なんか間違っていたかな

彼ら3人の関係が少し羨ましく感じた

 

もっと人と深く関わって生きたい

そんなことを改めて感じた通夜だった

 

でも、こんなふうに通夜で同窓会っていうのも

なかなかないシチュエーションだなと思った

こんな通夜もありだね