読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死にたい人・・・の続き

高齢の母が死にたいと電話をしてきた

まさかとは思いつつ、

ちょっと心配だったので会いに行った

 

電話の様子よりはずっと元気そうで

歩けないと言っていたはずだが

孫娘に手伝ってもらって久しぶりにお風呂に入ったと言った

 

なんだ、この前の電話はボケたための電話だったのか?

 

しばらくたわいもない話をひたすら聞き役に回って聞いていた

 

そろそろ帰ろうかと思っていた時に

母が枕元の引き出しから何かを取るために開けた

その引き出しの中には何やら手紙のような紙が一枚見えた

最後には さようなら と書いてある

 

ん?なんだ??

 

なんだか見てはいけないものを見たような気がして

私はその引き出しをそっと閉めた

 

その行動に気づいたのか

母は話し始めた

 

2~3日前にもう死にたくなったから

財産をすべてテーブルに出して

遺書を書いて

カミソリを用意して

死のうと思った・・・と

 

兄嫁がカミソリの存在に気づき

母は兄嫁に怒られたそうだ

 

死のうと思ったけど、いざとなるとできなかった・・・と

 

死にたいと言う電話は、本当だったのかと正直驚いた

会いに行ってよかった

 

自分の状況を少しずつ受け入れながら

寿命を全うしてもらいたい