読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

給油口のふた

いつもの道を職場へ向かって車を走らせる

 

そこは中央線がある普通の自動車道なのだが

 

信号で止まると運転席の横に知らない男性が現れた

 

窓も全開だったし、ふと恐怖心もわいたが

 

その男性はひとこと

 

「給油口のふたがあいてますよ」と言った

 

突然のことで

 

「え、あ、」としか言えない私

 

その男性はそのひとことを言い終わると

 

すぐに走っていった

 

バックミラーを見てわかったことは

 

その男性は私の車の後ろを走っていた車の運転手

 

信号が変わる前にわざわざ車を降りて

 

私の車の給油口が開いていることを教えてくれたのだ

 

恐怖心がわいたことも忘れ

 

どうせなら、給油口のふたも閉めてくれたらうれしかったな

 

などと、ずうずうしいことまで考えてしまった私なのであった