読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若く見える

2才年上の同僚のおっさんに

 

「〇〇さん(私)、けっこう頑張ってるよね、ぜんぜん変わんなくて若いよ」

 

って言われた

 

付け加えるように

「この前、同窓会行ったら、みんな女の人は体形が崩れちゃって、どこのおばさんかと思った」

と言っていた

 

ようは、私は、2才年上の同級生の女性よりははるかにイケてるという意味らしい

 

私自身、特に努力してるわけでもないし

化粧品なんかは、とうとう自分で作って済ませるようにまで

簡略化してしまったくらいだ

もう数千円の基礎化粧品とは無縁に生きている

 

まあ、一応働いてるので

メイクは最低限な感じやってるけど

3000円くらいのファンデーションは半年はもつ

 

債務整理後は、美容費の支出は極力抑えているというのが現状だ

高い化粧品なんて、なくてもなんとかなるもんだ

 

とだんだん表題から外れてきたけど

年下の夫を持つ身としては

若く見られることはこれからの重要な課題になってくる

 

そう考えると、今まで特に努力してきたわけじゃないから

ちょっと疲れちゃうけど

やっぱり親子なんかに間違えられたら最悪だから頑張るしかないな

つーか、親子に間違えるわけないけどね

夫は黒人ですから(笑)