読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

才能を活かす

めずらしく長男がやってきた

 

貸していたアイロンを返すためだけだったので

玄関先で話しただけだが

近況をたずねると

「今の仕事を辞めるかもしれない」と言った

 

彼は知り合いのくるまやで整備士の仕事をしている

そのかたわらで、エアブラシの絵の依頼をもらいながら

自活している

 

そんな彼を誇りに思って見守っていたが

一度車業界からも絵の世界からも離れ

普通に会社勤めするというのだ

 

ちょっとがっかりした

 

たぶん、将来を考え始めたんだろう

彼女もいるらしいし

「結婚」なんていうことも考えているのかもしれない

 

ほんの2~3日前に思いついたことらしいので

どうなるかはわからないが

彼の絵の才能を封印してしまうのはもったいない話だ

 

彼の才能をうまく活かしてくれる人と出会ってくれることを願う

ようは彼は金儲けをするタイプの人間ではないのだ

彼の絵の才能を収入につなげる方法が見つかればいいのだ

 

今更、会社勤めに戻るなんて・・・

いい方法が見つかることを祈りたい