読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過去を振り返る

ここ数日は債務整理に必要な書類の準備をしている

 

書類の一つに陳述書があるのだが

これが一番大変そうな書類だと感じる

 

過去5年間のお金の使途を書き出さなければならない

債務整理に至る過程を説明するわけだ

 

過去5年の記憶なんて全部思い出せる訳もなく

引越しのためにまとめ始めたダンボールの中から

過去5年間の手帳を取り出してきた

 

やっていたことの記憶がよみがえれば

何にお金を使ったかも思い出せるかもしれないからだ

 

5年間の手帳をめくってみると

忘れていた事がたくさんあることに気づく

 

でも、一生懸命に生きてたんだなと感じる

生き方が正しかったかどうかはわからないけど

必死だった気がする

 

頑張りすぎた結果が今なわけだ

 

もう頑張るのはよそうと改めて思うけど

やっぱりこれからも頑張っちゃうんだろうな

 

だいぶ力は抜けてきたするけどね

 

このあとは、通帳の記録と照らし合わせながら

何にいくら使ってきたかを書き出す作業だ

 

大変だけどこれはやらなければいけない

 

人生の反省の意味も込めて

今は過去と向き合いながら前へ進もうと思う